武将

武将

【三国志14】トリューニヒトの武将能力値紹介

トリューニヒト(トリューニヒト) 統率10 武力5 知力70 政治90 魅力65 自由惑星同盟の政治家。最高評議会の国防委員長。演説の名人で、民衆の支持を得るのに長けた政治家。アスターテ会戦の慰霊祭で帝国との徹底抗戦を声高に唱え民衆を扇動するが、参列したヤンに「安全な場所に隠れて主戦論を唱えることもやさしい」と批判された。政治的嗅覚にも優れ、帝国領進攻作戦案に対し主戦論者ながらも少数の反対側となり、同盟軍が大惨敗して賛成側の評議会議員が引責辞任する中、暫定政権の首班に指名された。
武将

【三国志14】ポプランの武将能力値紹介

ポプラン(ポプラン) 統率69 武力84 知力50 政治25 魅力72 自由惑星同盟の大尉。空戦の天才。単座艦載艇スパルタニアンのパイロットで、帝国の戦闘艇ワルキューレを多数沈めてきた。帝国領進攻作戦では第十三艦隊に所属。帝国軍の反転攻勢に同僚を次々と失うが、残ったイワン・コーネフと共に帝国軍ケンプ艦隊に損害を与えて後退させる活躍を見せた。その後、イゼルローン要塞を預かるヤンの下で、要塞第一空戦隊長に任命される。同盟屈指の撃墜王。※階級は本編13話開始時点のもの
武将

【三国志14】フォークの武将能力値紹介

フォーク(フォーク) 統率34 武力37 知力80 政治80 魅力29 自由惑星同盟の准将。帝国領進攻作戦の立案者で作戦参謀を務める。非常にプライドが高くヤンをライバル視している。作戦会議では行動計画について「高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処」と抽象的な説明で終え、無謀さを指摘されると他者を貶める言動や弁舌で封じ込める。進攻作戦中、礼を失する態度を取ったため「弁舌でなく実績を持ってすべき」とビュコックに激しく叱責されると、発作を起こしその場で失神。遠征軍から退いた。※階級は本編13話開始時点のもの
武将

【三国志14】ビュコックの武将能力値紹介

ビュコック(ビュコック) 統率90 武力68 知力75 政治67 魅力84 自由惑星同盟の中将。一兵卒から数多の戦歴を重ねて第五艦隊司令官に就任した叩き上げの軍人。帝国領進攻作戦では反撃に転じた銀河帝国軍に同盟の各艦隊が壊滅されるなか、対峙したロイエンタール艦隊から退却に成功。続くアムリッツア星域会戦ではヤンと連携してミッターマイヤーを一時後退させるなど老練な戦い方で全軍崩壊を食い止めた。ヤンの数少ない理解者であり、ヤンからも全幅の信頼を寄せられるなど固い絆で結ばれている。※階級は本編13話開始時点のもの
武将

【三国志14】アンネローゼの武将能力値紹介

アンネローゼ(アンネローゼ) 統率11 武力4 知力80 政治70 魅力95 ラインハルトの姉。銀河帝国第36代皇帝フリードリヒ四世の寵姫。全ての物事に控えめで、穏やかな性格。ラインハルトとキルヒアイス両名にとって、かけがえのない人物。15歳の時に、皇帝フリードリヒ四世に見初められて後宮に入る。これをきっかけに、ラインハルトとキルヒアイスはゴールデンバウム王朝の打倒を目指す。
武将

【三国志14】ブラウンシュバイクの武将能力値紹介

ブラウンシュバイク(ブラウンシュバイク) 統率54 武力35 知力68 政治55 魅力72 銀河帝国ゴールデンバウム王朝の公爵。大貴族としての自負が強く、傲慢な性格。皇帝フリードリヒ四世の死後、皇帝の孫でもある自身の娘を次期皇帝にしようと画策。盟主として門閥貴族連合を立ち上げ、リップシュタット戦役を引き起こした。戦役の後期、領地であるヴェスターラントで民衆の反乱が発生。自らの親族が平民に殺害されたことに激怒し、核兵器を使用。二百万人の民間人を虐殺したことで連合軍は完全に民心を失う。
武将

【三国志14】ビッテンフェルトの武将能力値紹介

ビッテンフェルト(ビッテンフェルト) 統率84 武力89 知力42 政治27 魅力56 銀河帝国軍の中将。攻勢時の破壊力は帝国屈指とされる猛将。オレンジ色のやや長めの髪で、がっちりとした体格。ラインハルトが元帥府を開いた際に登用され、一個艦隊を指揮する。麾下のすべての艦隊を猛々しい黒に塗装し「黒色槍騎兵艦隊(シュワルツ・ランツェンレイター)」と呼称させている。アムリッツァ星域会戦前哨戦では第十艦隊を打ち破る武勲を挙げるも、続く戦いではヤン率いる第十三艦隊に翻弄されて甚大な被害を受けた。※階級は本編13話開始時点のもの
武将

【三国志14】オフレッサーの武将能力値紹介

オフレッサー(オフレッサー) 統率73 武力95 知力25 政治25 魅力40 銀河帝国軍の上級大将。白兵戦での戦闘力は銀河帝国軍随一の装甲擲弾兵総監。リップシュタット戦役では門閥貴族連合陣営に参加し、レンテンベルク要塞の防御指揮官を務める。肉弾戦闘において比類なき強さを見せ、ミッターマイヤーとロイエンタールの二人を相手取って互角以上に戦う。
武将

【三国志14】諸葛亮の武将能力値紹介

諸葛亮(ショカツリョウ) 統率92 武力36 知力100 政治95 魅力97 月見英子の軍師。パリピ孔明。五丈原の戦いで死を迎えんとしていたが、気づけば若い肉体に戻り、現代日本の渋谷へと転生していた。そこでシンガーを目指す女の子・月見英子と出逢うと、その歌に感銘を受け、二度目の人生は「人民のため」ではなく「音楽のため」に知謀を尽くすことを決意する。英子の歌を三度聞いて主と定めると、英子をプロ歌手にすべく、クラブ、フェス、ライブ会場など様々な場所に出没しては計略を駆使して人々を翻弄していく。
武将

【三国志14】フレデリカの武将能力値紹介

フレデリカ(フレデリカ) 統率40 武力20 知力84 政治75 魅力84 自由惑星同盟の中尉。ヤン・ウェンリーの副官。ドワイト・グリーンヒル大将の娘。優れた記憶力の持ち主で、士官学校を次席で卒業した。ヤンが「英雄」と讃えられた「エル・ファシル脱出行」の際にヤンと接点があり、そのことからヤンに絶大な信頼を寄せている。キャゼルヌの推薦によりヤンの副官となる。※階級は本編13話開始時点のもの
タイトルとURLをコピーしました