【三国志14】楊玉環の武将能力値紹介

楊玉環 三国志14
スポンサーリンク
武将 読み 性別
楊玉環 ヨウギョクカン

楊玉環の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
2 3 59 1 97
個性 傾国 楽奏 文化 浪費 惰弱
主義 名利
政策 本草学 Lv6
戦法 傾国の舞
陣形 鶴翼 

楊玉環の列伝

唐の第6代皇帝・玄宗の寵姫。楊貴妃。楊玄琰の子。花も羞じらう色香を放つ、絶世にして豊満な美女。 玄宗の子・寿王の妃に迎えられたが、玄宗に見初められて後宮に入った。才知があり、歌舞音曲にも優れ、玄宗の寵愛を一身に集めて貴妃となる。以後、玄宗は歓楽にふけって国政は乱れ、また楊氏の一門が高位を占めて楊国忠が外戚として専権を振るうようになる。やがて安禄山が乱を起こすと、玄宗に同行して蜀に逃れるが、陳玄礼らの要求によって死を賜った。その生涯は、白居易の「長恨歌」など数多くの作品の題材となっている。

タイトルとURLをコピーしました