【三国志14】田因斉の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
田因斉 デンインセイ

田因斉の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
65 60 81 93 91
個性 求心 明鏡 英名 名声 眼力
主義 覇道
政策 太学 Lv6
戦法 鼓舞 鎮静 井闌 投石 矢嵐
陣形 魚鱗 鶴翼 井闌 投石 

田因斉の列伝

戦国時代の斉の君主。斉の威王。桓公の子。田斉の初代の王。即位以来9年間、国事を顧みなかったが、配下の謎かけに大悟して政務に励み、国内の綱紀を一気に粛正したという「鳴かず飛ばず」の故事で知られる。孫臏を軍師に登用し、趙の要請により魏と戦った際には「囲魏救趙の計」を採用して大勝。また首都の稷門に全国から学者を集め、学問を振興。彼らは「稷下の学士」と呼ばれ、臨淄は学府としても栄えた。鄒忌の進言を容れて、威王に諌言した者には賞を与える、という政令を出して自らを改めるなど、独創的な政策で国力を高めた。
タイトルとURLをコピーしました