【三国志14】呉国太の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
呉国太 ゴコクタイ

呉国太の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
30 21 67 74 75
個性 応援
主義 王道
政策 本草学 Lv3
戦法 大喝 鼓舞
陣形 鶴翼 

呉国太の列伝

孫堅の第2夫人。孫朗、孫仁(孫尚香)の母。姉の呉氏は孫堅の第1夫人で孫策、孫権、孫翊を生む。

三国志演義では

孫権の代に姉の呉氏が死去し、以後、呉国太と呼ばれる。赤壁の戦いの前、国論が曹操への降伏と抗戦に割れて悩む孫権に、孫策や姉の遺言を思い出させ、周瑜に相談させる。その後、周瑜が孫尚香との縁談で劉備を誘い出し、殺そうとしていることを知り、激怒。自ら劉備と面会し、劉備を気に入って孫尚香の婿に迎えた。

正史では

記述なし。孫朗が孫堅の庶子とあるのみ。孫仁は孫朗の別名。孫朗と孫氏(孫尚香)が実兄妹かは不明。
タイトルとURLをコピーしました