【三国志14】審配の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
審配(正南) シンパイ(セイナン)

審配の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
82 60 83 73 70
個性 不屈 封殺 堅牢 強欲
主義 我道
政策 墨守研究 Lv4
戦法 鉄壁 鯨波 罵声 投石
陣形 魚鱗 方円 投石 

審配の列伝

袁紹の幕僚。

三国志演義では

袁紹が曹操との開戦を決めると、逢紀と共に黎陽に出陣。しかし、荀彧から「我意が強く無策」と評された通り、同僚の許攸らと対立し、官渡の戦いで敗北した。袁紹が死ぬと、逢紀と共に袁尚を後継者に迎え、袁譚、郭図と対立。後に曹操が北上した時、陳琳と共に鄴に籠もって奮戦し、曹操に寝返った辛毘の一族を皆殺しにする。しかし、甥の審栄が城門を開いたため、徐晃に捕らえられ、袁尚のいる北の方角を向いて斬られた。

正史では

逢紀と仲が悪かったが、和解して親しくなった。
タイトルとURLをコピーしました