【三国志14】毌丘倹の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
毌丘倹(仲恭) カンキュウケン(チュウキョウ)

毌丘倹の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
78 74 55 56 53
個性 督励 農政 改修 消沈
主義 覇道
政策 軍制改革 Lv4
戦法 突撃 鯨波 業火 挑発 井闌
陣形 魚鱗 鶴翼 井闌 

毌丘倹の列伝

毌丘興の子。毌丘甸の父。毌丘秀の兄。魏の幽州刺史。

三国志演義では

字は仲聞。遼東の公孫淵が燕王を名乗り挙兵したことを曹叡に知らせた。曹芳が司馬師に廃されると、文欽と共に司馬師打倒の兵を挙げるが、呉の孫峻と司馬師の両軍から攻められ敗北。逃走中に慎県の県令・宋白に酔い潰され、殺された。

正史では

曹叡の太子文学となり、親しい待遇を受けた。公孫淵の反乱鎮圧や東方遠征で活躍。呉に敗れた諸葛誕の後任として鎮東将軍となり、諸葛恪の侵攻を防いだ。司馬師に敗れ逃走中、張属に射殺された。
タイトルとURLをコピーしました