【三国志14】諸葛瑾の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
諸葛瑾(子瑜) ショカツキン(シユ)

諸葛瑾の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
75 34 81 89 90
個性 節約 慎重 論客 人脈 寡欲
主義 割拠
政策 地勢研究 Lv5
戦法 連弩 治療 鎮静 駆逐 矢嵐
陣形 魚鱗 雁行 方円 

諸葛瑾の列伝

呉の官僚。諸葛恪、喬の父。諸葛亮、均の兄。

三国志演義では

魯粛の推薦で孫権に仕える。赤壁の戦いの前、諸葛亮が劉備と孫権の同盟を結ぶため来訪した時、諸葛亮と再会し、孫権に仕えるよう勧めた。以後、荊州の領有などを巡って、孫権の使者として劉備や関羽との交渉に当たる。夷陵の戦いの直後、曹丕が呉を攻めた際、曹真と夏侯尚の軍勢を陸遜と共に撃退。後に諸葛亮が五丈原に出陣したのに呼応して襄陽を攻めるが、曹叡に敗れた。

正史では

諸葛亮とは公の場では会っても、個人的に会うことは避けた。孫権とは生死を越えた信頼関係で結ばれた。
タイトルとURLをコピーしました