【三国志14】皇甫嵩の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
皇甫嵩(義真) コウホスウ(ギシン)

皇甫嵩の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
90 61 73 51 75
個性 督将 崩壁 火攻 節約 寡欲
主義 覇道
政策 施設開発 Lv5
戦法 火矢 鯨波 業火 衝車 投石
陣形 雁行 鶴翼 衝車 投石 

皇甫嵩の列伝

後漢の官僚。

三国志演義では

盧植、朱儁と共に、何進から黄巾賊討伐を命じられる。曹操を指揮下に加え、張宝と張梁を火攻めで撃破。曲陽で張梁を斬るなど活躍し、乱の平定後、車騎将軍、冀州牧となる。戦中に宦官への賄賂を拒否して罷免された盧植を復職させるが、自らも賄賂を拒み免職された。後に王允が董卓を討った際、呂布と共に郿[ビ]を攻めた。

正史では

188年、董卓、陶謙、孫堅らと共に韓遂の反乱鎮圧に派遣された際、董卓の恨みを買い、董卓が政権を握ると捕らえられた。董卓の死後、太尉となる。
タイトルとURLをコピーしました