【三国志14】司馬朗の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
司馬朗(伯達) シバロウ(ハクタツ)

司馬朗の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
20 21 71 82 83
個性 解毒 振興
主義 礼教
政策 本草学 Lv4
戦法 激励 治療 鎮静
陣形 方円 井闌 

司馬朗の列伝

司馬懿、司馬孚の兄。司馬遺の父。

三国志演義では

曹操に仕え、丞相主簿となる。

正史では

董卓の長安遷都によって洛陽が荒廃した際、一族を引き連れて難を逃れた。後に曹操に仕え、堂陽太守、兗州刺史などの地方官を歴任し、善政を敷いて領民から慕われた。217年、夏侯惇、臧覇と共に呉討伐戦に参加。疫病が蔓延すると、自ら巡察して医薬を与えたが、病気にかかって死亡した。曹叡の代、司馬孚の子・司馬望が後継者となる。崔琰と親しかった。
タイトルとURLをコピーしました