【三国志14】歩騭の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
歩騭(子山) ホシツ(シザン)

歩騭の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
75 51 84 86 71
個性 沈着 教化 眼力 慰撫
主義 礼教
政策 兵器強化 Lv4
戦法 衝車 投石 駆逐 矢嵐
陣形 鶴翼 衝車 投石 

歩騭の列伝

呉の幕僚。

三国志演義では

赤壁の戦いの前、孫権と同盟を結ぶため呉を訪れた諸葛亮に論戦を挑むも敗れる。孫権が関羽の守る荊州を攻める際、曹仁と関羽を戦わせ、その間に荊州を奪う策を進言。これが当たり、荊州は孫権の手に帰した。夷陵の戦いでは、陸遜の指揮官就任に反対した。

正史では

210年、交州刺史となり、蒼梧[ソウゴ]太守の呉巨を討伐。さらに、士燮を服従させ、呉の南方進出の足がかりを作った。孫権即位後は驃騎将軍、西陵都督に就任。陸遜の死後、丞相となった。
タイトルとURLをコピーしました