【三国志14】傅幹の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
傅幹(彦材) フカン(ゲンサイ)

傅幹の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
36 17 77 67 60
個性 諫止 能吏
主義 王道
政策 地域振興 Lv3
戦法 業火 混乱 井闌
陣形 雁行 井闌 

傅幹の列伝

曹操の幕僚。父は傅燮[フショウ]。子に傅玄。

三国志演義では

214年、曹操が呉討伐を企図すると、「呉蜀は天険の守りがあり武をもって攻め難し」として内政の充実を進言し、曹操に聞き入れられた。

正史では

13歳の時に父を失い、その後、馬騰に仕えた。官渡の戦いの後、馬騰が袁尚と結んで曹操と対しようとすると、曹操に付くべきと進言して容れられた。のち曹操に仕え、劉備の入蜀が成功すると予見。214年、演義と同様に曹操の呉征伐を諫めるが、演義とは異なり聞き入れられなかった。
タイトルとURLをコピーしました