【三国志14】馬忠の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
馬忠(徳信) バチュウ(トクシン)

馬忠の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
78 72 68 78 79
個性 森戦 召募 親蛮
主義 割拠
政策 地勢研究 Lv4
戦法 斉射 火矢 鯨波 井闌
陣形 魚鱗 長蛇 井闌 

馬忠の列伝

蜀の武将。別名、狐篤[コトク]。

三国志演義では

諸葛亮の南蛮征伐に参加。連戦し活躍するが、孟獲の妻・祝融夫人との戦いでは、張嶷と共に捕らえられた。その後、諸葛亮の北伐に参加する。

正史では

劉備が夷陵で陸遜に敗れると、巴西太守・閻芝の命で救援に向かい、劉備から「黄権を失ったが、代わりに馬忠を得た」と賞された。その後、諸葛亮の出征中は、蒋琬、費禕らを補佐して政務を行う一方、羌族や南蛮など辺境の統治に手腕を発揮。思いやりがあり、太っ腹な人柄で、異民族にも敬愛された。鎮南将軍まで昇進。
タイトルとURLをコピーしました