【三国志14】太史慈の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
太史慈(子義) タイシジ(シギ)

太史慈の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
86 93 67 58 79
個性 剛将 遠矢 豪傑 再起 直情
主義 覇道
政策 鶴翼強化 Lv5
戦法 瞞天過海 火矢 鉄壁 牽制 挑発
陣形 魚鱗 鋒矢 雁行 鶴翼 

太史慈の列伝

孔融、劉繇に仕えた後、孫策に仕える。太史享の父。

三国志演義では

母の恩返しのため、黄巾残党に包囲された孔融を助け、劉備から援軍を取り付けた。その後、劉繇に仕え、江東に進出した孫策と激闘を演じる。最後まで抵抗するが捕らえられ、劉繇の残兵を率いて孫策に帰順した。赤壁の戦いの翌年、合肥を攻めて張遼と互角に渡り合う。合肥城内の戈定[カテイ]らと内通の手はずを取って攻め込むが、張遼に見破られて負傷。「男子として生まれながら志半ばで死なねばならぬのか」と叫んで死んだ。

正史では

赤壁の戦いの前に死亡するが、臨終の言葉は同様。
タイトルとURLをコピーしました