【三国志14】孫秀の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
孫秀 ソンシュウ

孫秀の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
55 51 53 56 67
個性 小心
主義 王道
政策 水軍育成 Lv2
戦法 撹乱 強襲 矢嵐
陣形 雁行 

孫秀の列伝

呉の武将。孫権の弟・孫匡の孫。孫泰の子。

三国志演義では

晋の驃騎将軍として登場。孫晧が晋に降伏した時、「孫策が礎を築いた呉の国を、今、孫晧が捨て去ってしまった。天よ、これは誰の罪か」と嘆いた。

正史では

孫晧の代に、前将軍、夏口の督となる。呉の皇族の中でも特に帝位に近く、大きな兵権を握っていたため、孫晧から警戒された。270年、身の危険を感じ、妻や子飼いの兵士を連れて晋に亡命、驃騎将軍となる。この厚遇ぶりから、以後、呉将の晋への亡命が相次いだ。呉の滅亡後、伏波将軍に降格するが、以後も重んじられた。
タイトルとURLをコピーしました