【三国志14】曹彰の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
曹彰(子文) ソウショウ(シブン)

曹彰の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
83 90 40 35 71
個性 掃討 猛者 果敢 直情
主義 我道
政策 長蛇強化 Lv4
戦法 黄鬚剛勇 急襲 大喝 撹乱
陣形 鋒矢 長蛇 錐行 

曹彰の列伝

曹操の三男。母は卞氏。曹丕の弟。曹植、曹熊の兄。武芸に秀で、素手で猛獣を倒した。ひげが黄色かったことから、「黄鬚児」と曹操に呼ばれた。任城王。

三国志演義では

代郡で反乱を起こした烏桓を平定した後、劉備軍との漢中攻防戦に参加。劉備軍の呉蘭を討ち取るが、戦況は変わらず、結局、曹操軍は漢中から撤退した。曹操の死後、大軍を率いて上京するが、賈逵に説得され、兵権を返上して領地に戻った。

正史では

曹操から読書を課せられても、前漢の名将・衛青や霍去病のように武功を立てることを望んだ。
タイトルとURLをコピーしました