【三国志14】曹奐の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
曹奐(景明) ソウカン(ケイメイ)

曹奐の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
15 18 30 45 64
個性 惰弱
主義 王道
政策 地域巡回 Lv2
戦法 なし
陣形 魚鱗 

曹奐の列伝

魏の燕王・曹宇の子。演義では曹丕の孫だが、正史では曹操の孫に当たる。常道郷公。魏の第5代皇帝・元帝。元の名は曹璜[ソウコウ]。

三国志演義では

260年、第4代皇帝・曹髦が殺されると、司馬昭に迎えられて皇帝に即位し、曹奐と改名した。265年、司馬昭の子・司馬炎に譲位を強要される。情けを請うが聞き入れられず、賈充、裴秀の勧めによって禅譲を決意した。こうして魏は滅び、曹奐自身は陳留王となった。

正史では

禅譲後は鄴に移住した。
タイトルとURLをコピーしました