【三国志14】倉慈の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
倉慈(孝仁) ソウジ(コウジン)

倉慈の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
68 37 68 84 83
個性 屯田 法律 教化
主義 王道
政策 兵站改革 Lv4
戦法 治療
陣形 鶴翼 長蛇 

倉慈の列伝

魏の官僚。

三国志演義では

記述なし。

正史では

曹操が淮南で屯田を始めた際に登用され、綏集[スイシュウ]都尉に任じられた。曹丕の代に長安県令に転じると、清廉で簡潔な統治で官民に慕われた。曹叡の代には敦煌太守に昇進。当時、敦煌は豪族たちが跋扈する無法地帯だったが、豪族たちの力を抑えつつ、貧民救済、土地の再分配、裁判の公正化、胡族との交易促進などに尽力し、多くの民に徳望を称えられた。
タイトルとURLをコピーしました