【三国志14】徐盛の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
徐盛(文嚮) ジョセイ(ブンキョウ)

徐盛の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
86 81 77 64 71
個性 堅守 築城 胆力 操舵
主義 覇道
政策 工法改革 Lv4
戦法 偽城の計 火矢 鉄壁 強襲 矢嵐
陣形 魚鱗 鋒矢 方円 

徐盛の列伝

呉の武将。

三国志演義では

孫策の後を継いだ孫権に登用された。赤壁の戦い、南郡攻略戦、関羽討伐戦、夷陵の戦いなどに参戦。中でも215年に合肥を攻めた際は、魏の大軍に包囲されながら、奮戦して囲みを切り抜ける活躍を見せた。荊州に侵攻した劉備に気圧され、孫権が曹丕に臣従して呉王となった際、「我らが不甲斐ないせいで、主君に他人の爵位を受けさせてしまった」と嘆く。その直後、曹丕が南徐に侵攻すると、偽城壁で魏軍を欺き撃退した。

正史では

蒋欽、周泰と確執があったが、和解して共闘した。
タイトルとURLをコピーしました