【三国志14】胡烈の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
胡烈(玄武) コレツ(ゲンブ)

胡烈の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
74 68 72 65 67
個性 崩壁 火攻 功名
主義 王道
政策 火計研究 Lv3
戦法 連弩 鯨波 業火 罵声
陣形 鶴翼 長蛇 錐行 

胡烈の列伝

魏の武将。胡遵の子。胡奮の弟。胡淵の父。

三国志演義では

鍾会の蜀討伐戦に参加。蜀の降伏後、鍾会が姜維と共に謀反を起こした時、同調を拒んで投獄される。もと配下だった丘建の手引きで胡淵らが鍾会と姜維を討ち、難を免れた。

正史では

諸葛誕の反乱鎮圧軍に参加し、呉の朱異が守る兵糧を焼き討ちした。蜀討伐戦では田続、龐会と共に姜維を包囲し、姜維からの降伏の書状を受け取った。鍾会と姜維の謀反を鎮圧した後、西陵で陸抗に包囲された羅憲を救援し、陸抗を撃退した。襄陽太守、荊州刺史を歴任。
タイトルとURLをコピーしました