【三国志14】耿紀の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
耿紀(季行) コウキ(キコウ)

耿紀の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
36 25 60 69 55
個性 法律
主義 王道
政策 政令徹底 Lv2
戦法 混乱 罵声
陣形 鶴翼 

耿紀の列伝

曹操の官僚。

三国志演義では

若い時より曹操に仕えていたが、曹操が王となり、帝位の簒奪に及ぶのを阻止するため、吉本、金禕、韋晃らと許昌で反乱を起こした。だが反乱は失敗し捕らえられる。曹操を罵ったため口を切られるが、死ぬまで罵り続けた。

正史では

光武帝に仕えた名将・耿国[コウコク]の末裔とされる。処刑の際、「恨むのは自ら謀らず、小僧どもに狂わされたことだ」と罵ったとされる。
タイトルとURLをコピーしました