【三国志14】韓当の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
韓当(義公) カントウ(ギコウ)

韓当の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
76 85 59 51 68
個性 水戦 慰撫 頑健 猪突
主義 割拠
政策 錐行強化 Lv4
戦法 突撃 鯨波 駆逐 強襲
陣形 鋒矢 錐行 

韓当の列伝

孫堅、孫策、孫権の三代に仕える。大刀の使い手。

三国志演義では

孫堅に従い、董卓討伐戦に参加。孫堅の死後は孫策に仕え、江東進出戦では厳輿と戦った。孫権の代となり曹操が江東に攻め寄せると、抗戦を主張。周瑜の指揮の下、赤壁、南郡で曹操軍と戦った。劉備と孫権の仲が悪化すると、呂蒙に従って荊州を攻略し関羽を破る。その後、関羽の復讐戦を挑んできた劉備を迎撃する際、指揮官の陸遜に反目するが、陸遜の計を知ると感服した。

正史では

弓術、馬術に優れ、将兵の心をよくつかんだ。韓当の死後、子の韓綜は魏に降り、諸葛恪に討たれた。
タイトルとURLをコピーしました