【三国志14】賈逵の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
賈逵(梁道) カキ(リョウドウ)

賈逵の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
76 61 84 85 76
個性 沈着 慎重 築城 農政 改修
主義 王道
政策 城壁拡張 Lv4
戦法 連弩 牽制 業火 投石 駆逐
陣形 魚鱗 雁行 鶴翼 投石 

賈逵の列伝

賈習の孫。賈充の父。魏の諫議大夫。

三国志演義では

曹操の死後、大軍を率いて上京した曹彰をいさめ、兵権を返上させた。その後、豫州刺史となり江東の警戒に当たる。周魴が曹休に投降した時、降伏は偽りで曹休を誘い出す計略だと見抜くが、曹休に聞き入れられなかった。誘いに乗って出陣した曹休が石亭で敗れると、伏兵がいると見せかけて呉の追撃を断ち、曹休を救った。

正史では

祖父から兵法を学ぶ。曹操が馬超を討伐する際、弘農太守に抜擢された。その後、豫州刺史となって運河を整備し、呉を征討して洞浦[ドウホ]で呂範を破った。
タイトルとURLをコピーしました