【三国志13】張緝 の武将能力値紹介

張緝 三国志13
スポンサーリンク
武将 読み 性別 生年 没年
張緝(敬仲) チョウシュウ(ケイチュウ) 196 215

張緝の能力値

統率 武力 知力 政治
76 29 80 74
槍兵 騎兵 弓兵 重臣特性 伝授特技 戦法 理想威名
C C B 説破 弓兵守備陣 明鏡止水

張緝の列伝

魏の官僚。張既の子。曹芳の張皇后の父。

三国志演義では

光禄大夫。呉の諸葛恪が政権を握ると、長くは続かないと司馬師に予言。間もなく諸葛恪は破滅した。254年、夏侯玄、李豊と共に司馬師討伐の相談を曹芳から受けるが、帰途に密詔を司馬師に奪われ発覚。他の参画者ともども処刑された。

正史では

李豊と同郷。252年、娘が曹芳の皇后となるが、以後、実務を離れるようになり不満を抱く。254年、李豊と共に、司馬師を失脚させ、夏侯玄を大将軍に、自らは驃騎将軍になる計画を立てるが、発覚して殺された。

タイトルとURLをコピーしました