【三国志14】蘇秦の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
蘇秦 ソシン

蘇秦の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
26 15 93 87 82
個性 扇動 名声 人脈 論客 智嚢
主義 名利
政策 縦横術 Lv6
戦法 混乱 鼓舞
陣形 鶴翼 

蘇秦の列伝

縦横家。斉で張儀と共に鬼谷子[キコクシ]に学んだ。諸国を放浪した後、困窮して帰郷すると親族に嘲笑され、発奮して揣摩[シマ]の術を編み出す。はじめ周、秦、趙に遊説したが用いられず、のち燕の文公に任用される。その後に、趙・韓・魏・斉・楚の各国に合従[ガッショウ]策を説いて、成功。六国の連合により秦に対抗する体制を実現させた蘇秦は、その指導者として六国の宰相を兼任し、趙の粛侯から武安君に封ぜられる。のち、張儀に合従を崩され、斉に仕えたが、暗殺された。「鶏口となるも牛後となるなかれ」は、蘇秦の言葉。
タイトルとURLをコピーしました