【三国志14】陸遜の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
陸遜(伯言) リクソン(ハクゲン)

陸遜の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
96 69 95 88 91
個性 神機 水戦 火攻 沈着 柱石
主義 王道
政策 文事武備 Lv2
戦法 極焔 火矢 混乱 鎮静 強襲 矢嵐
陣形 魚鱗 雁行 鶴翼 井闌 衝車 

陸遜の列伝

呉の武将。元の名は陸議。「呉の四姓」陸家の出。陸抗の父。年少の又従兄弟・陸績に代わり一族を率いる。

三国志演義では

孫策の死後、孫権の幕下に招かれる。219年、へりくだった書状を送って関羽を油断させ、呂蒙の荊州攻略を支援した。夷陵の戦いでは、劉備の大軍に火攻めで勝利。石亭の戦いでも曹休を大破し、呉の大黒柱となる。

正史では

早くに父を失い、陸康の下に身を寄せるが、陸康は孫策に討たれる。孫権の代に和解し、孫策の娘を妻とした。以後、異民族の討伐に活躍。244年、丞相となるが、孫和と孫覇の後継者争いに巻き込まれ、憤死。
タイトルとURLをコピーしました