【三国志14】張翼の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
張翼(伯恭) チョウヨク(ハクキョウ)

張翼の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
75 74 72 72 70
個性 森戦 調達 法律 親蛮
主義 割拠
政策 施設開発 Lv3
戦法 連弩 鉄壁 鯨波 足止
陣形 雁行 方円 長蛇 

張翼の列伝

蜀の武将。

三国志演義では

劉備と劉璋が争った時、劉璝の部下として劉備軍と戦い、敗色濃厚になると劉璝を斬って降伏した。その後は、曹操との漢中攻防戦、夷陵の戦い、南蛮制圧、諸葛亮の北伐に参加。諸葛亮の死後は姜維の北伐を支援し、剣閣で鍾会に降伏するまで戦い抜く。蜀滅亡の翌年、姜維と鍾会が魏に謀反した際の混乱に巻き込まれ、死亡。

正史では

劉備が益州牧になると登用される。法に厳しく、異民族統治も厳格で、諸葛亮から信頼された。左車騎将軍まで昇進。姜維の北伐には反対していた。
タイトルとURLをコピーしました