【三国志14】孫静の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
孫静(幼台) ソンセイ(ヨウダイ)

孫静の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
66 52 72 71 72
個性 慎重 寡欲
主義 王道
政策 三令五申 Lv3
戦法 鎮静 衝車 駆逐 矢嵐
陣形 方円 衝車 

孫静の列伝

孫堅の末弟。孫策、孫権の叔父。孫瑜、孫皎の父。

三国志演義では

董卓討伐戦の後、敵対関係となった劉表を攻めようとする孫堅をいさめるが、聞き入れられなかった。孫堅の死後、孫策と共に江東に進出し、王朗を追討して会稽郡を守る。孫権が黄祖を討った際は、呉郡を守った。後に曾孫の孫峻、孫綝が呉の政権を欲しいままにした。

正史では

王朗討伐に功があったため、孫策から重要な地位を与えられそうになるが、断って故郷の呉郡富春県の守備に就いた。孫権の代に昭義中郎将に任ぜられるが、後に官を退き、家で死亡した。
タイトルとURLをコピーしました