【三国志14】孫奐の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
孫奐(季明) ソンカン(キメイ)

孫奐の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
70 63 55 61 62
個性 動員 調練
主義 王道
政策 運搬開発 Lv3
戦法 激励 駆逐 矢嵐
陣形 鋒矢 鶴翼 

孫奐の列伝

孫静の四男。孫瑜、孫皎の弟。孫権の従弟。子に孫承、孫壱、孫封。娘2人は、それぞれ滕胤と呂拠に嫁いだ。

三国志演義では

記述なし。

正史では

兄・孫皎の死後、その軍勢を引き継ぎ、揚武中郎将と江夏太守を兼任する。不器用な性格だったが、よく孫皎の旧臣を礼遇し、滞りなく職務を全うした。孫権は孫奐を鈍い人物と思っていたが、石陽を攻めた時の活躍を見て評価を改め、揚威将軍、沙羨[サイ]侯に封じた。
タイトルとURLをコピーしました