【三国志14】胡質の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
胡質(文徳) コシツ(ブントク)

胡質の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
73 46 74 79 72
個性 名声 農政 能吏 寡欲
主義 礼教
政策 墨守研究 Lv3
戦法 斉射 鼓舞 駆逐
陣形 方円 鶴翼 

胡質の列伝

魏の武将。胡敏の子。胡威の父。

三国志演義では

東莞[トウカン]太守。呉の周魴が曹休を石亭に誘い出した時、賈逵の指揮下で満寵と共に濡須へ兵を進めた。

正史では

若い頃から蒋済、朱績と共に淮水一帯で名を知られた。張遼が温恢に部下として迎え入れたいと頼んだこともある。東莞太守から荊州刺史となり、樊城で呉の朱然を撃退。さらに征東将軍となって青州と徐州の軍事を掌握した。農業発展に尽力し、自分の考えを他人に押しつけなかったので、各任地で慕われた。
タイトルとURLをコピーしました