【三国志14】闞沢の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
闞沢(徳潤) カンタク(トクジュン)

闞沢の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
43 49 83 86 73
個性 眼力 論客 学者 寡欲
主義 礼教
政策 縦横術 Lv4
戦法 業火 挑発 治療 井闌 駆逐
陣形 雁行 井闌 投石 

闞沢の列伝

呉の幕僚。

三国志演義では

孫策の死後、孫権に招かれ配下となった。赤壁の戦いで黄蓋の偽りの降伏文書を曹操に届け、その弁舌で曹操を欺く。帰還すると甘寧と共に、曹操から密偵として派遣されていた蔡中と蔡和をだまし、苦肉の計を成功させた。劉備に関羽の復讐戦を挑まれた孫権が誰を防衛指揮官にするか迷った際、ただ1人陸遜を推挙した。

正史では

孫権即位後、尚書、中書令。後に太子太傅となり、孫和を教育する。呉の暦「乾象暦注」を著し、虞翻から「現代の董仲舒[トウチュウジョ]」と称賛された。
タイトルとURLをコピーしました