【三国志14】郭嘉の武将能力値紹介

スポンサーリンク
武将 読み 性別
郭嘉(奉孝) カクカ(ホウコウ)

郭嘉の能力値

統率 武力 知力 政治 魅力
62 15 98 84 80
個性 神眼 疾走 沈着 罠破 策士
主義 覇道
政策 地勢研究 Lv5
戦法 兵貴神速 業火 足止 混乱 罵声
陣形 魚鱗 雁行 長蛇 錐行 

郭嘉の列伝

曹操の参謀。郭奕の父。

三国志演義では

程昱の推挙で曹操に仕え、自身は劉曄を推挙する。劉備が曹操を頼った時、荀彧と程昱が劉備を斬るように進言したのに対し、劉備を斬ると人心を失うと諭した。官渡の戦いの前、曹操には袁紹に勝つ十の勝因があると説き、袁紹よりも呂布の討伐戦を優先させた。その後も孫策の早世を予言し、袁家の滅亡も正確に見抜くが、袁尚討伐戦の途中で病に倒れた。赤壁の敗北後、「郭嘉がいればこんな負け方はしなかった」と曹操を嘆かせた。

正史では

謀臣・戯志才の後継者として荀彧に推挙された。
タイトルとURLをコピーしました